西山板金工業|西山技研企業サイト

試作の
プロフェッショナル
集団西山板金工業|西山技研

西山板金工業・西山技研のサービス

夢を形に創り変えていく、頼もしい設備と技術力で、まだ世の中に出ていない未知のものを生み出すこと。そのためには豊かな創造力と確かな技術力、それを形にする最先端のテクノロジーが必要です。当社では1000t油圧プレス、三次元レーザー加工機、CAD/CAMシステム、ロボット溶接機などを揃え、一貫製造体制のパワーアップをはかっています。

  • 開発・試作

    開発・試作イメージ

    プレス板金部品を中心に、3Dプリンターによる樹脂造形部品、5軸マシニングセンタによる切削部品などを製作しています。プレス板金は、治具・金型の設計からアセンブリまで、社内一貫製造体制で承ります。

  • 生産準備支援

    生産準備支援イメージ

    生産準備段階での少量生産や、プレス板金部品・金型・治具の修正等を承ります。少量生産については、試作で培ったノウハウを活かし、短納期・低コストな製造方法をご提案致します。

  • リバースエンジニアリング

    リバースエンジニアリングイメージ

    CADデータや図面から製品を作るのとは逆の工程で、製品からCADデータや図面を生成します。一点モノの手作り品や、図面だけで作った昔の部品などを三次元CADデータ化してお納めします。

  • 三次元測定解析

    三次元測定解析イメージ

    従来の測定器具では計測不能だった製品も、デジタルデータ化すれば自由自在に寸法を確認することができます。また、指示箇所の寸法だけでなく、寸法誤差の全体的な傾向もカラーマップにより視覚的に表示します。

会社概要

当社は創業以来、試作部品の一貫製造メーカーとして、数多くの新製品の開発に携わってきました。小さな部品ひとつでも、ゼロから新しいものを作り出すことは決して簡単ではありません。けれども私たちは、経験に裏付けられた自らの技術に職人としての自信とプライドを持ち、最先端のテクノロジーを活用しながら、常に新しい課題への挑戦を続けています。どんなにITやテクノロジーが進化しても、それを使いこなすのは人間の技。私たちはこれからも職人魂を失うことなく、お客様とよきパートナーシップを築きながら、新たな試作部品の世界を拓いていきたいと願っています。

品質方針

  1. お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様のニーズ(品質・納期・コスト)を的確に把握した製品とサービスを提供する
  2. 高度な職人技術を伝承するとともに、常に技術力の改善・革新に努め、付加価値のある製品とサービスを提供する
  3. 製品とサービスの提供に関わる各種法令を遵守し、また、品質保証体制を証明する外部認証を維持・管理する
社名(商号) 株式会社 西山板金工業
会社外観
設立 1976 (昭和51) 年3月
所在地 〒437-0064
静岡県袋井市川井1363-5
Googleマップ
TEL 0538-43-22620538-43-2262
FAX 0538-43-5839
代表者 代表取締役会長:西山 隆
代表取締役社長:西山 智
役員 取締役専務:西山 索太朗
執行役員:原田 洋一
資本金 1,000万円
従業員数 26人
社名(商号) 株式会社 西山技研
会社外観
設立 1987 (昭和62) 年10月
所在地 〒437-0064
静岡県袋井市川井1360-4
Googleマップ
TEL 0538-42-70130538-42-7013
FAX 0538-43-0384
代表者 代表取締役社長:西山 智
代表取締役専務:西山 索太朗
役員 取締役会長:西山 隆
取締役相談役:西山 広明
執行役員:杉原 信利
資本金 1,000万円
従業員数 20人
事業内容 二輪・四輪自動車の開発部品・試作部品製造
二輪・四輪自動車部品の少量生産
主要顧客 国内自動車メーカー様および部品・金型メーカー様
海外自動車メーカー様
認証取得 JIS Q 9001:2015 / ISO 9001:2015
加盟団体 袋井商工会議所
浜松商工会議所
公益財団法人 浜松地域イノベーション推進機構
公益社団法人 磐田法人会
一般社団法人 倫理研究所 静岡県袋井市倫理法人会

社長略歴

代表取締役社長 西山 智
生年月日 1975(昭和50)年07月30日
学歴 1998(平成10)年3月:日本大学 経済学部 経済学科 卒
職歴 1998(平成10)年04月:
スズキ株式会社 入社
1998(平成10)年07月:
株式会社スズキ自販京都へ出向
2000(平成12)年12月:
サン・マイクロシステムズ株式会社 入社
2006(平成18)年08月:
株式会社西山板金工業・株式会社西山技研 入社
2020(令和02)年06月:
株式会社西山板金工業・株式会社西山技研 代表取締役社長に就任

沿革

1976(昭和51)年03月 西山隆 が静岡県浜松市篠原町 (現・浜松市西区篠原町) にて個人創業
1982(昭和57)年03月 業務拡大のため、静岡県袋井市川井1363-5 (現在地) に工場拡張移転
1983(昭和58)年06月 法人改組により、有限会社 西山板金工業所 (資本金:300万円) と社名変更
1987(昭和62)年10月 株式会社 西山技研 (資本金:1000万円) を設立
1990(平成02)年05月 西山板金工業所 第二工場 (鋳造・プレス型製作) を建設
鋳造からの製造工程を抱える総合試作メーカーとしての発展を目指す
2005(平成16)年06月 西山板金工業所 南工場を建設、溶接・アセンブリ・検査業務を拡大
2007(平成19)年01月 有限会社 西山板金工業所から 株式会社 西山板金工業 に社名を変更、資本金1000万円に増資
2010(平成22)年10月 西山技研 代表取締役会長に 西山隆、代表取締役社長に 西山広明 が就任
2011(平成23)年01月 西山板金工業・西山技研、JIS Q 9001:2008 / ISO 9001:2008 の認証を取得
2012(平成24)年12月 西山板金工業、5軸マシニングセンタおよび門型三次元測定器を導入
プレス板金部品に加え、切削部品加工への業務拡大を行う
2015(平成27)年05月 西山技研 東工場を建設、レーザー加工・マシニング加工の業務を拡大
2018(平成30)年08月 西山板金工業・西山技研、JIS Q 9001:2015 / ISO 9001:2015 の認証を取得
2018(平成30)年11月 西山技研、アマダ製第1号機となる3次元ファイバーレーザー加工機を導入